即日融資で収入証明を行わないで済むものはある?

銀行は総量規制の対象ではありませんので、その銀行ごとの審査基準によって収入証明書類の提出が求められます。しかし貸金業者の場合には法律によって「必ず確認しなければならないケース」があります。そのケースに該当する場合に確認を怠れば、貸金業者側が罰せられることになりますので、厳守しています。


<即日融資で収入を証明する書類の提出を行わなくていい場合>

貸金業者が行う貸付に関しては即日融資に限らず無担保保証人不要であれば、自社で50万円を越える貸し付けや、他社との合計が100万円を越える貸付を行う場合には、かならず収入を証明する書類で確認することが義務付けられています。要するに、このようなケースに該当しない場合には、貸金業者の即日融資であっても確認を行わない可能性もあるということです。特に大手の貸金業者にはその傾向が強く見られます。
またこのような確認義務があるのは貸金業者だけですので、銀行は上記のような貸付のケースでも、求められないことがほとんどです。銀行ごとの規定の金額によって求める場合はあります。「200万円以上の貸付の場合には提出を求めます」といった文言が申し込み要件のなかの必要書類の部分に書かれていることもあります。

即日融資をしてもらえるのは登録してから

お金に困ってしまって借入したいと思い、金融機関に申し込みをしたのにすぐ融資してもらえなかった人はいませんか?
即日融資可能です、と書かれている場所と言うのは、すでに申し込みをして審査に通れた人でなければ出来ないようになっています。
だから、初めて頼る人はよくその場で即日融資をしてもらえるものだと勘違いしがちなので、注意が必要です。
駆け込んですぐに融資をしてもらうという事は難しいことだから、余裕を持って申し込みをするようにして下さいね。


【即日融資は消費者金融でしてもらう】

銀行でも対応してくれるようになっていますが、審査がやや厳しく時間もまだかかってしまうみたいです。
ですから消費者金融で即日融資をしてもらうのがいいでしょうから、有名で安心できる場所を見つけてみて下さい。
また、消費者金融でカードローンを利用する際には、総量規制と言って年収の3分の1までと借入の制限がある事を忘れずに。
初心者は使いすぎて借金が膨らみがちなので、消費者金融の利用がいいと言われているそうですよ。


【時間帯が関係してくる?】

これはその金融機関により異なりますが、何時までに申し込みをしないと融資をしてもらえないことがあるみたい。
午後14時までに申し込まないと即日融資をしてもらえない、14時を過ぎたから融資は翌日の午前9時半になってしまう事も。
即日融資をしてもらう時は、なるべく早めに申込みをしておくのが賢明かもしれませんね。